リベロスタジオ行われました「いいこと探し」をご紹介します。
作業療法の一環として、日々の生活で起きた良い出来事を紙に書くことを行ないまいした。
「良かった探し」をする事は、ポジティブ思考になり、幸せになれると言われています。
"雨の予報だったけど晴れた" "宝くじが当たった"など小さな事から大きな事まで。
写真のペットボトルの中にはリベロスタジオの「幸せ」がたくさん詰まっています。



シェアする