JOB 
INTRODUCTION
職種紹介

リハビリ

セラピットでの仕事内容

作業療法士は日常動作やリハビリテーション、理学療法士はアセスメントの標準化や運動プログラム導入のマニュアル作成を中心に行います。専門病院とは違い、1人のご利用者様に対して様々なスタッフと情報共有をして係わるため、生活全般をトータルにサポートできます。情報共有をスムーズに行うための組織作り・雰囲気作りを大切にしています。

活かせる資格

・理学療法士
・作業療法士

必要なスキル

チームワークでサービスに取り組める
コミュニケーションスキルが大切です。

訪問・通所サービスは対人サービスのため、ご利用者様と円滑なコミュニケーションを取れるスキルが重要です。現場スタッフに限らず、リハ・リハのスタッフ全員がチームワークによってご利用者様にサービスを提供するという心構えが大切です。

同じ職種の先輩インタビュー

ご利用者様としっかり
向き合えることができます。

理学療法士
入社 2005年

TOP