インタビュー

利用者様に寄り添った
より良いサービスが、
ここなら実現できます!

作業療法士 入社:2016年
経歴 以前は病院で作業療法士勤務。退院のその後にかかわりたいと強く思うようになり、セラピットへ入社。

施設でのお仕事内容を教えてください。

訪問看護に携わっています。利用者様のご自宅へ訪問し、日々の生活のお手伝いをしながらお家でのリハビリを行っています。
利用者様のご家族の不安や相談を聞いて、心のケアをすることもあります。基本的には1人のスタッフあたり1日6~7件のお宅を訪問しています。
弊社の社長が作業療法士のため、他の訪問看護ステーションよりリハビリに特化したサービスが出来ていると感じています。

通勤時間はどのくらいですか?

車で10分ほどです。徒歩5分くらいの場所に会社が駐車場を借りてくれています。


転職して、仕事環境は変わりましたか?

はい、大きく良い方向に変わったと思います。利用者様に向き合う時間がかなり増えたため常に利用者様のことを考えて行動出来るようになりました。
今までの病院勤務だと、患者さんの家での暮らしを予測してリハビリをするほか無かったんです。しかし今は利用者様の実際の生活を目の当たりに出来るためより利用者様に適したリハビリが出来ます。毎日心から楽しく仕事が出来るようになりました。
社内環境で言うと、セラピットの施設は複合サービスが特徴であるため、職員も他職種のスタッフと関わることが多いです。多方面から色々な話が聞け、勉強になるんです。
あとは、ここだけの話、給料面もUPしましたよ!(笑)


セラピットのいいところはどこですか?

「みんなで幸せになろう」と言う企業理念が介護業界では革新的だと思います!
「尽くして当たり前」の業界の常識にとらわれず、「スタッフが幸せであればいいサービスが提供でき、利用者様・地域も幸せになる」と言う社長の考えに感銘を受けました。
あとは、スタッフ全員がいい人なんです。(笑)本当に優しい人ばかりで、仕事がしやすいです。悩みの相談も出来る環境です。同僚だけでなく、本部職員も話しやすいですね。僕は仕事で困りごとがあればスグに上司に「どうしたらいいですか(>_<)」って電話しちゃいます(笑)それも受け入れてくれる優しい上司ばかりなのですが、ずっと甘えてちゃいけないなと思っています。
社長も、スタッフにとても気遣いをしてくれているのが見て取れます。お花見、バーベキュー、歓迎会など誘うとスグ駆けつけてくれるんです!

転職を考えている人に伝えたいことはありますか?

病院でのリハビリの目標は「家に帰してあげること」。訪問看護でのリハビリの目標は「日々の生活で出来ることを増やすこと」。利用者様の実生活を見ながら仕事が出来るのは大きなやりがいを感じます。
セラピットでは、現場のスタッフが利用者様をみて気づいたこと・改善点などを汲み上げてくれます。先生やケアマネさんと相談し、意見を言い合い、利用者様の生活をよりよいものにしていくここでの仕事は、本当に楽しいです!

その他のインタビュー

エントリーはこちらから

たくさんのご応募お待ちしております。

ENTRY